旅の終わりと始まり

【エピローグ】

日本には居場所がなかった。帰るべき場所もなかった。

そんな私にとって約3ヶ月ぶりの日本は「帰ってきた」という感覚も薄く、以前にも増して違和感を覚えるようになっていた。

都会の雑踏に飲み込まれ、私という存在が希薄になってゆくのを感じる。



世界一周に全財産をはたいてしまったため、帰国時にはわずか数千円しか残っておらず、しかも今夜寝る場所すらなかった。

出発前にお世話になっていたバイト先に電話をすると、ちょうどシーズンに向けてオープン準備に追われている最中で、即時雇ってもらえることに。

東京からは少し遠くて電車代が結構かかるが、手持ちの残金で辛うじて切符が買えた。これでもう完全にすっからかん。

バイトは住み込みだから寝る場所には困らないし、3食付きだから食べる物にも困らず、文無しでもやっていける。


バイト先では快く迎え入れてくれ、世界一周を称え、武勇伝の数々を聞いてくれたりもしたが、そこはバイトの身。ご好意に甘えてばかりもいられない。

翌日からは旅行ボケを振り払いながら仕事に取り掛かり、以後数ヶ月に渡り黙々と働き続けた。

その間、私は旅への渇望と抑えがたい衝動に駆られ続け、次なる旅への構想が練り上げられていた。


1年以内にロサンゼルスに戻ることはすでに決まっていたし、そのための航空券もすでに手元にあった。

なぜなら、ロスで帰国用の航空券を買う時に「往復航空券」を買っていたからだ。

本当は片道でよかったのだが、片道と往復とではほんの数千円しか違わなかったので、片道ではもったいない気がして往復にしておいたのだった。

そしてそれは、長い長い旅の始まりとなるのだった・・・。

【The End】


« 世界一周達成前夜

2006年08月11日 14:04

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

スポンサーリンク


このカテゴリの最新のQ&A

世界一周旅行記のその後 - 私の波乱の人生をカミングアウト

旅の終わりと始まり

世界一周達成前夜

アメリカ大陸横断達成

ラスベガスの誘惑