免税と関税の違い

※ "免税範囲内でも税関では全部見せる?" の続きです。

空港にも免税店があるというのは知っていますが、これは出国手続きをした後のエリア(っていうのかな?)にあるものなのでしょうか?

そうだとしたら、出国後の買い物ということで、関税の手続きはいらないということなのでしょうか?

未だに関税、免税のことがよく理解できていないらしいです。すみません…またご指導の程、よろしくお願いします。



免税店は確かに出国手続き後のエリアにありますが、そこでの買い物も含め日本帰国時に総額20万円を超えていれば申告・手続きする必要があり、関税がかかってきます。

「免税店(免税品)」とは、外国においてその国の税金が免除されている店(物)のことです。
※日本の空港であっても出国後は国外(=外国)とみなされます。

「関税」とは、外国で購入したものを日本に持ち込む際にかかる税金のことで、それが免税品であるかどうかとは関係なく、金額に応じてかかってくるものです。
※20万円以下は免税となり関税がかかりません。

免税でいう税金と関税でいう税金とでは、税金を徴収する国も違えば種類も違います。


→ ご質問の続き "ドイツ出国後の買い物に関税はかかる?"

2006年12月08日 10:50

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

スポンサーリンク


このカテゴリの最新のQ&A

世界一周航空券はどこの旅行会社でも発券できる?

周遊(往復)航空券と一区間ずつ予約した航空券の違い

ルワンダでの蚊・ノミ・ダニ対策、コンセント、高山病等

世界一周の資金、言語の壁、タイでの住む場所やお金など

デイアンドハーフに全ての持ち物を収納できる?