シンガポールに片道&空路で入国する方法

Q今回、シンガポールから東南アジアを周遊したり、他の国も行けたらいこうかなと考えています。一応長くて半年めどで。

日本からシンガポールまで、片道空港券で行こうと思ったら、ビザがいるようで、観光ビザをとるのは難しいと旅行会社の方から聞きました。

往復チケットを買えば、2週間滞在するには大丈夫と聞きました。

でも、今回はシンガポールから他の東南アジアへ電車とかバスで移動する貧乏旅行をするつもりなので、どうすればいいのか悩んでいます。

他の東南アジアでも片道航空券となるとビザがいると聞きました。

どこか他の国で片道空港券でいけるとこを探して、シンガポールへ入る方がいいのか、シンガポールのオープンチケットを買う方がいいのか・・・・

低コストを考えているので、オープンチケットとなると結構値がはるのかなと思っています・・・

いつも相談に乗っていただいてありがとうございます。イイアドバイスをいただけたら幸いです・・・。

よろしくお願いします。


スポンサード リンク



Aシンガポールに片道&空路で入国するには、次の5つの方法が考えられます。


1. ビザを取得せずに片道航空券を利用

日本でのチェックイン時にビザの有無を問われる可能性があります。また、シンガポールでの入国審査時に帰国チケットの提示を求められる可能性も(低いですが)あります。

どちらの場合も「陸路でマレーシアに行く」「シンガポールでチケットを購入する」等、片道である理由を明確に説明(場合によっては所持金も提示)できれば許可してくれる可能性が高いと思いますが、最悪の事態(搭乗拒否、入国拒否)も覚悟のこと。


2. ビザを取得して片道航空券を利用

ビザ取得の手間と費用(2,260円※2008年9月現在)がかかるくらいで、とくに問題はないはずです。観光ビザ取得が難しいのかどうかよくわかりませんが、在日シンガポール大使館に、ビザが必要かどうかも含め直接問い合わせてみてはいかがでしょう?


3. 往復航空券(格安)を利用し復路放棄

放棄した場合は「ノーマル運賃との差額を請求する」等のペナルティを課す旅行会社もあるので要確認です。

料金的には片道航空券とほとんど同じか少し安いくらいだと思います。


4. 往復航空券(PEX)を利用し復路放棄

事前にキャンセルの連絡を入れておけば放棄してもとくに問題はないはずですが、念のため航空会社(※)に確認しておいてください。

料金的には片道航空券とほとんど同じか少し高いくらいだと思います。

※旅行会社でしか購入できない格安航空券とは違い、PEX航空券は旅行会社でも航空会社でもどちらでも購入できますが、この場合は航空会社で購入するのが前提です(旅行会社だと格安航空券同様に差額請求される可能性があるため)。


5. 長期有効の往復航空券(オープン)を利用

料金的には片道航空券や往復航空券(格安、PEX)の2倍以上すると思います。


■ 結論

コスト面では5が飛びぬけて高く、1~4は数千円程度しか違わないでしょう。

数千円の違いにもこだわるなら1か3がもっとも安くあがると思いますが、リスクもあるので自己責任にてお願いします。

2、4あたりが無難な選択かなと思います。


2008年11月20日 14:36

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

このカテゴリの最新のQ&A

目的はないけど強い印象を残してくれる場所に行きたい

バックパッカーはビザがいらない? - 中国ビザの延長方法

中国ツアーに服用中の処方薬を持参しても問題ない?

片道航空券でミャンマー入国は問題ない?

冬のチェンマイの気候、長期滞在ビザ、物件など


スポンサード リンク