LCCのデメリット、マニラでの注意点、現金の目安など

Q※前回のご質問“駐日ベトナム大使館での1ヶ月シングルビザ申請料金”の続きです。

フィリピンのセブ・パシフィックはよくキャンセルされて予定がおかしくなります。Airphilに変更したのですが、この会社も突然キャンセルされたりするんですか?

予定が変わったのでマニラに一日滞在しなければいけなくなりました。マニラは物盗りが多いと聞いたのですが、どのようなことを気をつければよろし いでしょうか?

外国に初めて行くのですが、現金はどのくらい持っていけばいいのでしょうか?物盗りが多いらしいので、なるべく現金は持ちたくありません。

お世話になります、お願いします。


スポンサード リンク



A>Airphilに変更したのですが、この会社も突然キャンセルされたりするんですか?

その可能性は十分ありますね。でもLCC(格安航空会社)とは元々そういうもので、安さの裏には

・遅延や欠航、キャンセルが多い(保障もない)
・乗り継ぎのサービスがない(保障もない)
・アクセスのよくないマイナーな空港を使用
・預け荷物や機内食、座席指定などが有料
・マイルが貯まらない

などの様々なデメリットがあります。安いのには理由があるのです。


>どのようなことを気をつければよろし いでしょうか?

細かいことを挙げればきりがありませんが、

・高価な腕時計や派手な服などは身につけない(目立たない)
・人前でお金やパスポートの出し入れをしない(隙を見せない)
・貴重品は肌身離さず

など。

「自分の身は自分で守るしかない」のだと心得て常に警戒心を持つことです。これはマニラに限ったことではなく、海外ではどこでも同様の警戒をしてください。物盗りだけでなく巧妙な詐欺にもご注意を。

いかさま賭博詐欺の実例


>外国に初めて行くのですが、現金はどのくらい持っていけばいいのでしょうか?

どのような調達手段を用意しているかによります。

国際キャシュカードクレジットカード(キャッシング)が使えるのであれば、必要な現金は緊急用(3万円程度)+当面の生活費(1万円程度)で、分散所持が基本です。

ご参考


ご質問の続き“搭乗拒否と入国拒否があり得る3つの条件と解決方法


2013年01月10日 09:35

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

このカテゴリの最新のQ&A

目的はないけど強い印象を残してくれる場所に行きたい

バックパッカーはビザがいらない? - 中国ビザの延長方法

中国ツアーに服用中の処方薬を持参しても問題ない?

片道航空券でミャンマー入国は問題ない?

冬のチェンマイの気候、長期滞在ビザ、物件など


スポンサード リンク