北欧女一人旅で事故にあった時の対処方法

Q初めまして。

いい年のおばさんなんですが、今年6月に北欧フィンランドに行く予定です。それも海外旅行は初めてでおまけに一人旅です。旅行会社のパックツアーも考えたんですが、往復の航空チケットと宿泊の付いた、個人旅行にします。

ガイドブックと会話集を何度も読み直しながら、ネットで経験者様のブログなどいっぱい読みましたが、身近に一人で海外旅行に行くような人がいないので、今ひとつすっきりしません。英語はカタコトだしフィン語もいくつかの単語は覚えました。

一番気になるのは事故対応ですね。何も無いに越した事はありませんが、何があるか分からないので自己防衛方など、これだけはという事がありましたら、ご教示ください。拙い文章ですが宜しくお願いします。


スポンサード リンク



A>一番気になるのは事故対応ですね。

いざという時に備えて、キャッシュレス対応で日本語アシスタンスサービスも付いている掛け捨ての海外旅行保険に加入しておくのが一番安心です。何かあった時は電話さえすれば手配なり指示なりしてくれますから。

1. 掛け捨ての海外旅行保険
2. クレジットカードの付帯保険
  ※医療費の高い国では保障金額に不安あり。
3. 傷害保険や生命保険
  ※海外での事故や病気にも適用されるものが多いので要確認。
4. 国民健康保険(海外療養費制度)

のいずれかで費用負担は軽減されますが、2(一部例外あり)・3・4は一旦自腹で全額を立て替える必要がありますし、3・4は自力で病院を探して後日請求手続きをする必要があります。


>自己防衛方など、これだけはという事がありましたら、ご教示ください。

自分の身は自分で守るしかないのだと心得て、隙を見せないよう、常に細心の注意を払って行動することです。

例えば、レストランなどでトイレに立つ際、治安の良い日本ではバッグを席に置きっぱなしにする人が多いですが、海外でこんな不用心なことをしたらバッグはあっという間に消えて失くなってしまいます。海外では貴重品は常に肌身離さず持ち歩くのが常識です。


2013年04月01日 05:57

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

このカテゴリの最新のQ&A

スイストラベルパスで氷河特急とベルニナ急行に乗りたい

未成年、英語の知識なし、貯金なしで海外旅行できる?

バウチャーなしのロシアビザで入国は可能?

モスクワでの乗り継ぎとアテネでの待ち合わせ場所

シェンゲンビザの制限を超えてヨーロッパに5カ月間滞在する方法


スポンサード リンク