アドレスホッパーとは?

アドレスホッパーとは何者?バックパッカーとの違いは?

(カオル)



新しい生き方として、住所を持たずに(仕事を見つけるのが難しいバックパッカーとは異なり)仕事をしながら国内外を転々と移動し続ける「アドレスホッパー」なる人たちが某テレビ番組で好意的に紹介されていました。

しかしながら、本物のバックパッカーであり本当の意味で住所を持たなかった経歴がある私からすれば、彼らのしていることはお遊びにしか見えません。


確かに、現在の日本にはネットカフェもあればゲストハウスやシェアハウス等もあり、安く泊まる場所を探すのには苦労しません。

インターネットの普及により、いつでもどこでも仕事ができる環境は以前から整っていましたし、コロナの影響でリモートワークも急速に浸透・定着しました。

トランクルームやレンタル倉庫(コンテナ)等、家財や荷物を長期間預けておけるサービスも充実しています。

しかし、住民票はゲストハウスのような短期滞在の宿には原則置けないはずです。もちろん、トランクルームや倉庫にも置けません。どこか別のところに置いてあるにしても、毎年更新される保険証はどうやって受け取るのでしょうか。保険証に限らず、本人宛の重要な郵便物をどこでどのようにして受け取っているのかが最大の疑問です。

数週間~数ヶ月おきに移動してしまうのでは転送しても追いきれませんし、「転送不要」郵便はそもそも転送されません。住所を持たなければ書留が受け取れず、即ちクレジットカードも受け取れません。というか、住所不定ではそもそも作れません。なのに、テレビに出ていた自称アドレスホッパーはクレジットカードを持っていました。何か変です。


結局のところ、彼らにはいつでも(遊びに飽きたら)帰れる「実家」という便利な場所があり、頼れる「家族」がいるからこそ、あのようなお気楽な生き方ができているだけのような気がします。そうでなければ辻褄が合いませんし、本当の意味で住所を持たないことの苦しみを知っている者なら、安易に他人に勧めたりはできないはずですから。

アドレスホッパーとは、賃貸の代わりにゲストハウス等を利用しているだけの、ごく普通の人たちです。バックパッカーとは似て非なるものです。

2020年09月19日 23:59

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

スポンサーリンク


このカテゴリの最新のQ&A

ワーケーションという幻想

アドレスホッパーとは?

新型コロナウイルスによる入国制限がある国一覧

世界一周航空券はどこの旅行会社でも発券できる?

周遊(往復)航空券と一区間ずつ予約した航空券の違い